警戒心が結婚を遠ざけてしまう!恋愛初心者女子の心理

皆さん、夏の虫対策はどうしていますか?

 

アラフォーともなると、日に日に傷の治りに時間を要するようになってきまして、虫さされの跡が1年間消えないのには驚愕しました笑い泣き

それから、虫除けスプレーは必携。

香水のすてきな香りではなく、虫よけスプレーの誰も寄せ付けない香りを放っている2021年夏ですひまわりサングラス

でも、年齢を重ねるにつれて傷が治りにくくなっていくのは、体だけでなく心も同じ。

 

だから大人になればなるほど傷つくのが怖いですよね。

誰かに注意されたら若い時よりショックだから、完璧にできるように頑張るし、信じていた人に裏切られたりしたらもう立ち直れない!

そして特に恋愛となると、相手がいることだから自分の努力だけでどうにかなるものじゃないので、かなり脈あり!ってのがわかってないと自分からいくの怖い~

 

 

 

大人になったらみんなそう!

 

 

そうなんだけれども、

そんな中でも傷つくのを必要以上に恐れすぎて、なかなか恋愛や婚活に積極的になれない女性のパターンを分析してみました。

 

「嫌な思いするの嫌だし怖いし、今まで恋愛を避けてきたんだよね。

でも年齢的に結婚しなきゃと思っていろいろな人に会ってみているけど、誰とも進展しないまま。」

 

 

そういう方の特徴としては

・自分で自覚していない場合が多い

・恐れるあまり、自分の気持ちがどうかではなく相手の出方を伺ってしまう

・結婚したいという気持ちとは裏腹に、相手の悪い面ばかりに注目してしまう

・期待とは違う方向に行ったときにがっかりしないように、あらかしめ物事をネガティブに捉えておく

・察する能力がめちゃくちゃ高い

 

 

なぜそうなってしまうかというと、

自分でも知らない間に心の防御装置が発動し、警戒心となって考え方や行動に影響を及ぼすから。

 

本当の自分をさらけ出してフラれたら、否定されたように感じて大ショック!!

だから本当の自分は出さず

「フラれても本当の自分じゃないからぜんぜん平気!だって相手は私のことぜんぜん知らないし」

と心を守るための言い訳を先に作っておいてしまうのが警戒心の正体。

 

だから、

・世間話レベルのコミュニケーションはできるけど、自分のことについてはあまり話さない

・ずけずけ距離を縮めようとしてくる人が苦手

・少し連絡がこないだけで、ああ、きっとダメだなとあきらめる

・「こういうことを言うってことはきっとこう思っているんだろう」と些細な言動から性格や考え方を判断

・こういうタイプはこうだ、だから私とは合わないと過去の経験からパターンを先読みして勝手に終わらせてしまう

・あなたの考えは?と聞かれると正解がわからず返答に困ってしまう

 

 

その結果、

いつまでたっても距離は縮まらず、会うのが面倒に。

そして、「相手は悪い人ではないけど可もなく不可もない、はっきり言って好きではない」ということに。

 

相手の男性も、

世間話はするけど、気を許してくれないし、その人の価値観や考えなんかはわからないので好きになることはない。

 

そんなモチベーションの上がらない二人が長く続くわけもなく、自然と連絡が減り、終了!!

 

 

「やったー!守り切りました!ニヒヒ

今回も自分の心が傷つかないように完全防御成功です!

勝因ですか?自分でなんでもやってしまう逞しさや、甘えられない性格が応援してくれたおかげです!」

と警戒心の勝利なわけです。

 

これが自分の心が傷つくのを無意識に守ろうとしてしまった結果です。

 

(波はあるけど)結婚したい気持ちが高まったときに頑張ろうと行動してみる

相手が近づいてきたら防御装置発動

完全防御に成功

今回もうまくいかなかったと落ち込む

モチベーションを上げるのに疲れてしまう

 

 

これを繰り返していると婚活が苦しいものになってきてしまい、いわゆる「婚活疲れ」が起きてしまいます。

 

これ私かも笑い泣き

 

と思った方、ではどうすればこのループから抜け出せるのか!

 

 

では、また次回バイバイ